ローグライクの違反行為

あれから骨をチマチマ集めて追尾の矢が300本は作れたので、いよいよ矢をこの一番良いやつに切り替えた。
実際に使ってみると、強い。戦士の近接攻撃と同等のダメージを遠距離から与えられるのだから当たり前だ。
あと骨集めをしている最中、ユニーク(1体しかいない強いモンスター)の『ガチャピン』が出てきた。やたらとスポーツがうまいあの緑の恐竜である。
ところが、このゲームでは最初に出会う頃は非常に強力な奴で、イメージに似合わずヒドラ系を召喚したり、カオスのブレスや放射性廃棄物のブレス(これは毒属性のはず)を吐いてくる。この2種類のブレスが厄介で、カオスの方は耐性がないと幻覚の状態異常や突然変異を受けてしまう。放射性廃棄物の方も種族変更などの嫌な効果がついている。コイツに殺された@(プレイヤー)は数知れず。死因のトップ10に入っている
で、「レベル30だし矢乱射で余裕やろ(ハナホジー」なんて思ってたら、カオスのブレスをぶつけられて幻覚+突然変異。幸いにも突然変異は「周囲のモンスターを時折消す」という割りとプラス効果の物だった。(突然変異には良い物も悪い物もあるのだ)
結局倒せなかった。カオス耐性もその後ついたので今度は始末出来るはず。
その後、余裕でクリア出来るクエストを終えて、★オウル・パイク『天の沼矛』や、エルフの鎧(カオス耐性付き)をゲット。
で、ここで本題のローグライクにおける違反行為の話になる。
ローグライクでは、セーブデータをバックアップする事は*違反*と見なしている。死んでもバックアップから何事もなく再開出来るのだから。チートオプションの「死を回避」をONにしているようなものだ。
俺はそれをやらかした。詳しい事は省くが、獲得の巻物(良い物が手に入る)でアーティファクトを手に入れようとしたのだ。
…が、結局その後死んだので無意味になった(バックアップで戻したけど、アーティファクトを手に入れる前)。とりあえずもうこのスコアは送信できない。送信するという事はチート記録を残すということ。傍目にはわからないが、個人的にも後味が良くない。
ローグライクは人生と同じく、大体一発勝負なのだ。死んでも同じ能力値のキャラで一からやり直すけど