水蝦のブログ

基本的には変愚のプレイ記録を書き残すブログです。たまに他のゲームの記事も書くかも

【摩多羅隠岐奈】まさに究極

・マジで隙がない

加速、神秘の玉繭、リバースインヴォーカー、マターラスッカを使う

適当な敵から魔力吸収

メイルシュトロムで二重に召喚対策*1

(魔力消去持ちならザ・ワールドを使う。朦朧とするなら定期的に衝撃波のブレスも入れる)

〇〇の嵐系、あるいはヘルファイアホーリーファイア連打

近づかれたら隣接テレポ*2、体力減ったら治癒、MP少なくなったら魔力吸収。

これで潰せないユニークは*本当に*いなかった。お前(カーズ)も、お前(金無垢の指輪)も、お前(秩序のユニコーン)も!全部これで済むのでわざわざ書くようなことがない。

 

Pitも背面の暗黒能楽でまるごと簡単に潰せるし、Vaultも漁り放題なので★☆がザクザク手に入る。手に入りすぎて拠点をいくらか整理する必要があるほどだった。物資はもはや不要だったので、原子分解でダイナミック鑑定してから残った装備品を鑑定してた。

ちょっと注意するべきなのは背面の暗黒能楽は暗所でしか使えないという点で、@自身から光源が出てるとそれだけで使用不可能になる。ガッツリ使いたいなら★輝くトラペゾヘドロンは装備に組み込んでおきたい。

とりあえず周囲さえ暗ければいいので、フロア自体が明るい場合は先に暗黒の嵐を(ターゲットを自分に指定して)使っておけば問題ない。ゲリラライブもこれで一瞬で制覇した。

 

f:id:Aquashrimp:20190331010906p:plain

ちなみに夢の世界探索中にパターンを見つけたので秘神の暗躍弾幕を使ってみたが、攻撃対象はこんな感じになっていた。

深層の敵相手だとそこまで減ってなかったので強みは感じられなかったが、序盤~中盤にパターンを見つけることが出来たらそれなりに使えるかもしれない。

 

「夢は現実化する」にも挑戦しようかと思ったが、クエストを受けられなかった。秘封ナイトメアダイアリーで夢の世界に干渉してたからだろうか。

 

・史上最高の耐性パズル

 ★☆が多けりゃそれだけ良品が見つかる確率も多く、使えそうな装備品も多々あった。中でも、『デモゴルゴン』が落とした

☆耐久力の指輪『鳳翼天翔』 (+12,+16) (+4) {+賢器耐魅隠探*電火r暗時;視恐活浮明(器耐}

コレは特に強烈。デメリット無しの2免疫装備とか多分初めてだと思う。この時は★トゥルカスを装備してたが即切り替えた。

 

あとは、テレパシーアミュに生成の巻物呼んでみたら

☆テレパシーのアミュレット《トゥルカスⅡ》 (+6,+3) (+4加速) {+速腕器耐r酸;視狂警瞬~感(腕耐}

★トゥルカスが憑依した。警告も添えてあってバランスも良い。★パランティアでも良かったのだが、それだと前述の通り背面の暗黒能楽が使えなくなるのでこっちにした。

 

そんでもって、『秩序のユニコーン』をヘルファイアで焼き払ったときに

★フェアノール王のレザーブーツ [3,+20] (+15加速) {+速r時}

とうとう伝説の超加速装備が出てきた。wizardモードで色々テストする時は出しまくってたが、実際に手に入れるのは初めて。

 

他にも★役小角が出てきて両手がフリーになったので、

◇悪魔祓いの刀『旧アイスソード』 (4d4) (+17,+20) (+2) {+賢*冷r暗;恐|切/悪~悪}
ダガー『ストーンスマッシャー』 (2d4) (+15,+16) {*酸;投|酸焼凍/人神悪}

この2つを装備して

f:id:Aquashrimp:20190331011400p:plain

4免疫&加速最高記録(44+10)を達成!免疫を捨てて★刺セットを持てば加速は更に伸ばせる。r水轟に関してはいまさら気にする必要はなかった。

4免疫を取得できたのは多分、クター魔獣使いで★一つの指輪を装備した時以来だろうか…しかも今回はその時と違ってデメリット効果持ってないし。

 

f:id:Aquashrimp:20190331012232p:plain

J戦についてはもはや言うことは何もない。緊張感など1フェムトもなかった。

あとはいつも通り残ったお金や素材を霊夢魔理沙に持っていってから引退。

 

ダンプ

撃破した瞬間

 

・完走した感想

多分コレより簡単なクラスはない。隠岐奈よりスコア補正が低いユニーククラスは、霊夢魔理沙、紫、ヘカーティア、綿月姉妹、(神宝が最初から全部揃ってる場合の)輝夜…とチート揃いだが、いずれにしたって隠岐奈よりは強くないんじゃないかと思う。確かめてないけど。

勝利メッセージにも書いたけど本当にスコア12%というのが信じられない。元素耐性とか把握してる必要はあるから初心者向けではないかもしれないけど、それでも12%というのは…

正直、勝手版で追加された敵の技はヘルファイアホーリーファイア、あと視界外隣接テレポぐらいしか脅威に思っていなかったのだが、色々行使してる間に他にも注意するべき技があるということを学んだ。そういう点では、ただのヌルゲーで終わらなかったのは良いことだと思う。

次は何やろうか決めてない。というか他のゲームでやりたい事ができたので、次の変愚プレイ記事はしばらく先になると思う。

*1:深い水地形が生成されるので、召喚モンスターが大幅に制限される

*2:視界内ならどこでも指定できる

【摩多羅隠岐奈】青魔道師が(過剰に)力を持ったらどうなるか?

・お詫び

マインドフレア鏡使いはQy@しました。リハビリはしたがハッキリ言って今の俺の知能と賢さではこの戦いにはついてこれそうもない。

 

・タイムリーなアプデ

それで、結局勝手版に戻ってきた。次はもう少し探索が楽な職やりたいなーと思いながら何にしようか決めかねていたのだが、そんな折にまた新たなアプデが来て、摩多羅隠岐奈がユニーククラスとして実装されていた。

改訂履歴には「レベルアップにより全てのモンスター魔法を使用できる」とか書いてあった。敵の技を使う系ユニーククラスもやってみたいと思っていたのだが、いずれも使うにはそれなりの制約があったので、どれにしようか迷っていたところに無制限で使えそうなのが来たのでちょうどよかった。

というわけで選択したのだが、その性能は俺の予想を遥かに超えたチートだった。

 

まずはいつもの解説から。種族は神格で、いつぞやに説明した通りコレ自体に特徴はない。

職業もとい二つ名は「究極の絶対秘神」。原作ではまだ登場したばかりの方なので実力は不明な部分が多いが、少なくともこの変愚蛮怒勝手版ではこの二つ名に*偽りはない*

能力値は6ボス兼EXボスらしくいずれも高水準で、特に知能と賢さに至っては+8もある。しかも経験ペナは+75%で、クラス性能を鑑みるとかなり軽い。

攻撃回数は4回止まりなので基本的にはメイジ系…だが、HD高いし後述する「七声の剣」や「無縁の芸能者」があるので最終的には殴り合いも可能。やる理由ないと思うけど。

 

特殊能力として、暗視能力やドア限定の壁抜けを持っている。ぬえや忍者とは違って不意打ち能力は持ってないので、光源はあってもなくても構わないという感じ。

耐性も色々持っていて、最終的にはr酸電火冷暗時沌;麻乱視浮を自前で取得する。ただ

摩多羅神の鼓 (+4) {+器魅r沌;恐乱祝}

を最初から所持しているので、混沌と混乱耐性は実質最初から持っているようなものと思って良いかもしれない。あと結界ガードも使用可能。

 

職業特技は、前述した敵の技を使う「後戸の力」の他にも、

・Lv20時点で全感知+地形感知、それ以降も感知範囲が広がり続ける「後戸を覗く」

・周囲にドアを(Lv40以降は視界内)生成する「後戸の狂言

・一瞬で帰還する「後戸帰還」

・周囲の敵を配下にしようとする「秘神の後光」

ユニーク含めた敵に確実に通る周辺抹殺+抹殺した分HP回復の「後戸から放逐する」*1

・パターンの中心でしか使えないのでどういう効果かまだわかってない「秘神の暗躍弾幕

・元素二重耐性+Lv45以降は魔法の鎧効果も付く「神秘の玉繭」

・七星剣*2を片手に作り出す「七星の剣」

・知能、賢さ、魅力を強化する(限界突破可能)「マターラスッカ」

・射程距離無限で指定したモンスターの隣にテレポする/地上だと街移動する「真・後戸移動」

・召喚領域の送還術と同じ効果をもつ「リバースインヴォーカー」

・探索拠点を作り出す「後戸への扉を開放する」

・すべての技能Lvを現在の魅力値と同じとして扱う*3「無縁の芸能者」

・暗所でしか使えないが、暗黒&狂気属性の視界内攻撃を行う「背面の暗黒猿楽」

…と、数々の強烈な特技が使える。敵の技の中に加速や治癒に魔力吸収*4、果ては範囲狭めの*破壊*まであることを加味すると、自前で出来ないことは鑑定と普通の壁抜けや次元の扉くらいになってしまう。個人的にはスコア倍率12%でも高すぎると思っている。

 

性格は、能力値がかなり高いので-2も大した問題にはならないだろうと思ったのでラッキーガールを選択。

 

・序盤から苦労せず

 盗賊クエ中はマジックミサイルでLv上げし、それ以降はしばらく弾幕で戦っていた。仙界でLv上げしながら序盤のクエストを制覇していったが、ホント全然苦労しなかった。

魔力吸収がLv10、後戸放逐がLv18という早い段階で使用可能になっていたので、MP切れとか囲まれる危険とかをほぼ無視できていたのが大きいだろう。倒せる敵を選びやすいのでLvもガンガン上がっていった。

f:id:Aquashrimp:20190321210420p:plain

Lv25からレーザーや閃光ブレスを使えるようになったが、これも仙界のガラス地形と相性がよく、こんな感じでガチャピンを無傷でハメ倒す事もできた。あと地形の陰でコソコソするハウンドとかも簡単に倒せる。

 

装備品にもそれなりに恵まれていて、

*耐冷*の知性のアミュレット (+3) {+知賢魅r冷(知賢魅}

☆ヘッドドレス『嵐虎』 [1,+17] (+3探索) {+知賢耐探r時;活警(知}

★魔導師の杖『エリリル』 (1d2) (+8,+8) (+4) {+知賢魅道r閃;減視恐盲明警/沌(耐}

なんかを24FRQまでにゲットできていたのはまさにラッキーという他ない。というかメイジ系でこんな早く★エリリル手に入れたのは初めてだと思う。

 

・サックサクのサックサクな探索

その後も仙界探索を続けていたが、とにかく探索が楽だった。

後戸による感知は言うまでもないし、Vaultを見つけたら、外周を回りながら後戸放逐でモンスター全部消し飛ばして、内部をまるでクローン地獄や古い城終えたあとの鑑定タイムみたいな気持ちで漁れる。こんなことは今までどんなクラスでもできなかったので、Vaultを漁っていると変な笑いが止まらなかった。

最深部に到達した頃には、メインウェポンは弾幕や射撃(敵の技)から、元素ブレスや破邪の光球に変更していた。影のジャックも大して苦労せず倒せるくらいには強かったので、火力不足なんてことはまったくない。

 

一番ヤバかったのは正邪を倒そうとした時だろうか。クエスト受注後に仙界で見つけたので光の剣でサクッと倒そうとしたのだが、特殊行動の小槌殴打で3回連続でブッ叩かれてHP20付近まで持っていかれた。特殊行動とはいえ仙界で殴られるとは思わなかったが、テレポして仕切り直したあと無事に撃破した。

 

Lv36になって元素の嵐系魔法を使えるようになったら、もはや火力はやり過ぎってレベルになった。隠岐奈の使う敵の技は力強い+Lv2倍判定になってるらしく、習得直後から460+d100*5と凄まじい火力を発揮していた。この時点では20%くらい失率が残っていたが、マターラスッカも使えるようになっていたので5%まで抑え込めた。

元素耐性完備してる相手でも邪悪、妖怪勢なら破邪の光球で簡単に倒せるので問題ない。龍窟でもワイアームをバッタバッタと薙ぎ倒していった。

使えるわけではないが、アイス・ワイアームを倒したときに★ザルクスラをドロップした。…今度は調子に乗らないようにしたい。

 

f:id:Aquashrimp:20190321213519p:plain

ちなみに44FRQの相手は秦こころだった。元ネタ的には何らかの因縁があるらしい。

とりあえず、酸耐性が無いので酸の嵐で簡単に倒せた。並のクラスなら放棄してる相手だろうに。

 

・強力すぎる能力の代償(?)

鉄獄や龍窟をブラブラしてる間にLvも38を超え、リバースインヴォーカーを習得していたのでいい加減行けるだろうと思ってクローン地獄に突撃。

女王アリもガチャピンも召喚をほぼ許さず、酸の嵐でマップ下側のクローン共を一瞬で殲滅したのはいいが、その後に特技を選択するときにa(後戸の力)とd(後戸帰還)を押し間違えて、キャンセルする時間もなく帰還(破棄)してしまった。

脳内でデーデッデッデーとBGMが流れたが、この直前に龍窟で

鴉天狗の鉄鋲底の靴 [5,+10] (+4加速) {+速;浮俊}

を拾っていたので、一応シヴァ靴はなくても問題なかった。とはいえ、ドロップ品の中に使える品があった可能性は拭いきれないので、「失敗してもよかった」なんて酸っぱい葡萄みたいなことは言えない。これ以降押し間違いには気をつけるようになった。

 

腹いせにMARIPOで紺珠の薬を貰ってきて、妹様クエを氷の嵐でさっくり制覇して増強の薬を飲んだ。この時点で腕力と耐久はMAXになっていたが、他能力の基礎値はまだ最大までは遠かった。

 

そして鉄獄に戻って68~70F辺りを探索して目につくユニークを倒しているうちにLv42になっていたので、頃合いだろうと思い古い城に突撃。山場と言えるグレーター・タイタン2体も難なく倒してあっさり制覇。報酬は

★輝くトラペゾヘドロン (+4) {+知賢r暗;狂~神悪}

だった。暗視能力あるからこれだろうなぁ、と予想していたのでドンピシャ。

うまいこと知賢が最大になるようにしつつ、耐性や能力値も確保した。

 

というところまで進めた。ダンプはこちら

 

恐ろしく強いし、探索も楽々で、Vaultも*破壊*することなく内部を全て探索できるおかげで、取り立てて書くような事が少ない。次の記事は余計あっさりしたものになるんじゃないかと思う。

*1:エスト中のフロアでは流石に使えない。あとお尋ね者ユニークなどは強制テレポのみ

*2:性能は◇七星剣 (7d7) {明/X妖悪死/沌} となっている。殺戮修正はLvで変化し、生成後は効果終了まで外せない

*3:マターラスッカがあるので実質全て最大にできる

*4:本家と違ってMPが回復するようになっている

*5:wikiの敵の技一覧参考にしながら書いたんだけど、実際にはもう少し高かった気がする。計算式が違うかも?

【玉兎射手】あの猛火力をもう一度

・アプデによる変更点について

2/9のアプデで矢のエゴアイテムに酸スレイの「腐蝕の」、神格スレイの「天探女の」が追加され、以前からあった「天邪鬼の」エゴにも(このver以降に生成されたものに)*秩序*スレイが付くようになった。

石桜や悪夢の欠片が毒スレイから酸スレイ付与に変更され、伊弉諾物質も神格スレイ付与に変更された。

あとミステリウムを使うと*秩序*スレイが付くが、ミステリウムを手に入れるには*1夢日記の真の悪夢に挑戦して、諸々の幻想郷ユニークやLv100以上の霊夢魔理沙、夢の@を何度も相手にしなければならない。やってられるか。

 

★知識の石も、MP切れの状態で使っても強制麻痺にならず、たまーにsanity_blastが発生する程度に調整されたので純戦士職でもだいぶ扱いやすくなった。

もっとも、★知識の石を鑑定手段として常用してるプレイヤーは少ないようだが…少なくとも俺はよく使うので、この調整はありがたい。

 

・さっそく素材集めしたものの…

そういう訳で、石桜はお燐が落とすので、まず墓地警備員クエをサクッと制覇。

更に集めるために地獄谷へ行ってみたが、出てくるのは砒素鉱石や水銀鉱石ばかりでそこまで集まらなかった。夢の世界に行って悪夢の欠片を探してみたりしたが、こちらも同じく2、3個拾えた程度。

とはいえ、オベロンをやるには十分な数が集まっていたので良しとする。

 

・とてもつらい探索

鉄獄に戻り76FRQに挑戦した所、相手はいたずら者『ロキ』。かなり相手したくないタイプなのだが、ちょうど電撃耐性が抜けていたのでやれるだけやってみた。が、途中で*破壊*の杖が魔力切れになるしガッツリ召喚されて手に負えなくなったので諦めて撤退。並のクラスでこいつを相手にするのは難しいので仕方ない。

その後は80F辺りで探索を続けていたが、*破壊*の杖は出ないし全感知や周辺感知ロッドも充填長いので探索ツライツライなのだった。とはいえ無いものはしょうがないのでテレポしながら適当に全感知と周辺感知→帰還というのを繰り返してちょっとずつ素材を集めていた。

『ドワーキン』を倒してみても、例によって★審判の宝石は落としてくれない。ひょっとしたら俺の変愚はドワーキンが★宝石落とす設定が入ってないのかもしれない。

 

まあそんな事してるうちに倒せるユニークは倒してレベルも50に近くなっていったので、最終装備を考え始めた。鎧枠に★ヘカTがちょうど良さそうだったので、切り札はいつだって悪手クエを受けて夢の世界に突撃。

ヘカーティアはどの身体にしても火炎、冷気、電撃のいずれかが抜けているので射手でも勝算はあると見込んでいたのだが、またしてもヘカーティアが身体をチェンジしなかったので物資無消費であっけなく倒せた。バグじゃないよね?

 

ついでに、追尾の矢に破魔エゴを付けれるだけ付けて88FRQに挑戦した所、相手はバルログの長『ゴスモグ』。奇しくも前世と同じ相手。当然悪魔スレイが刺さるので、ものすごい勢いでHPを削っていってほぼ何もさせず倒した。自分でも目を疑うほどの火力だった。

 

その勢いのまま「夢は現実化する」にも挑戦。

f:id:Aquashrimp:20190309213121p:plain

玉兎だから妖怪フラグは付くだろうと思って破魔追尾をそのまま持っていったが、獣フラグも付いてるとは思わなかった。ロケットとか波動砲とか飛び道具がやたらと豊富だが、火力はこっちのほうが圧倒的なので問題なく撃破。

 

・なんとかして*破壊*の杖を集めたい

その後は96Fあたりまで降りて引き続きダルい探索を続けていた。もうLvは最大になっていたし、加速も十分だったのであとは鋼鉄や追尾の矢とか*破壊*の杖を集めきってオベロン戦に行きたかったのだが…肝心の*破壊*の杖が出ない。

どうにか拾えても、燃やされたりザックから溢れたのに気づかずなくしたり。魔道具の中で、杖だけまとめられない問題はこういうときにすごい困る。

それでも無いものはしょうがないのでなけなしの*破壊*の杖を持ちながら慎重に探索を続けていた。その過程で★も結構手に入ったが、特に装備変更するようなものはなかった。

 

とはいえ★ヌメノールも拾っていたので、MARIPOでヌメノールの箱を開けて☆生成の巻物をゲットしたりしたので完璧に無駄というわけでもなかった。生成は追加射撃とテレパシーアミュに読んで、

☆追加射撃の指輪《Tw0 Fang》 (+2赤外線視力) {+賢赤r火水獄;視麻食明射}*2

☆テレパシーのアミュレット《バルメス》 (+4,+6) {乱盲狂浮~感}*3

こうなった。どっちもまあまあ、文句もないが褒めるほどでもないという感じ。

 

後で★源頼政の弓が手に入ったので

☆ロング・ボウ《アーリエルの弓》 (x4) (+11,+18) (+4隠密) {+賢器魅隠赤r沌;倍祝~沌(魅}*4

古い城クリアして手に入った生成をロングボウに読んでみたらこうなった。この時点ではカオス耐性をどう埋めるか困っていたので、ちょうどよかった。

 

装備は揃っても*破壊*が足りない。どうしたものかと悩んで、「本家だったらとりあえず1本アリーナで入手できるのに…」と思ったところで夢日記の存在に気づいた。

wikiで調べてみたら夢日記の金曜日の制覇報酬の中に*破壊*の杖があったので、金曜日を戦い続けて*破壊*の杖を2本ほど確保。これでようやくまともな探索ができるようになった。

f:id:Aquashrimp:20190310000957p:plain

夢日記で拾った弾幕夢の写真。各スペルカードの名前を合成するからElona感ある。

 

・ラストスパート

鉄獄に戻って生ける虚無『ヌル』を倒した所、★輝くトラペゾヘドロンを落とした。暗視能力がない@でこれを啓蒙手段代わりに使うのはかなり危険だが、それでも使いたかったので銀の鍵と併せて啓蒙スカムしまくった。*5使うときは軽い穴熊を掘って、レッサー・アザー・ゴッドが1体しか出ないようにするのがポイント。

これのおかげで一気に物資が集めやすくなり、*破壊*の杖もすぐに集まった。一輪のときも思ったが、啓蒙があるとないとでは探索効率が大きく違ってくる。

 

*破壊*の杖が集まったらもう準備は万端。小傘に鍛えてもらった鋼鉄の矢に酸スレイを付与して、いよいよオベロンに挑戦する。

やること自体はこれまでと変わりないが、隣接テレポ使ってくるので少し厄介。岩石溶解で通路作って待ち構えるのがやりづらいので、僅かな距離を見つけながら少しずつ確実に削っていった。

アンバーの王族潰してなかったので度々呼ばれたが、引き剥がすのはそこまで苦労しなかった。しかし、召喚されてからうっかりテレポせず行動したら、そのまま集団でボコられて、HP70台+大怪我状態になったときはもう死んだかと思った。

幸い怪我のダメージ処理が来る前にテレポして回復できたので態勢はすぐに立て直せた。日頃の行いが良かったのだろう。

そんなアクシデントもあったが、どうにか撃破。すぐさま混沌の領域へ向かった。

 

故郷の混沌が映るダンジョン

集めていた伊弉諾物質3つと、余ってたダイヤモンドを鋼鉄の矢に使い、作り上げた天探女エゴ150本+破魔エゴ50本を持って『モルゴス』と『アザトート』に挑戦。

『モルゴス』は救援召喚で出てくるユニーク*6を潰していなかったせいで、いろいろ召喚されて位置取りに苦戦したが、肝心の弱点属性であるヘルファイアは撃たれなかったので追い詰められることはなかった。

『アザトート』は最初のレッサー・アザー・ゴッドを*破壊*するのに手間取ったぐらいで、苦労せず。ついでに呼ばれてた『偉大なるクトゥルフ』も倒して★リストユニットをゲットした。

 

★リストユニットが手に入ったので

★スロール{r破}→★シヴァ靴

☆《アーリエル》→☆『カランソル』

に変更して+1だけ速くなった。大量の矢が重くて重量制限かかってたので、+1でもありがたい。

 

用意してた破魔追尾と鋼鉄の矢を持てるだけ持って、最後の戦いへ。やることは本家の時と大差ない。探索で手に入れていた隕鉄で、破魔追尾を1束分だけ(+15,+15)に強化できていたのだが、この1束分で(記憶違いじゃなければ)Jの体力を半分近く持っていく超火力を見せていた。

f:id:Aquashrimp:20190309230513p:plain

結果的に言うとヘルファイアも飛んでこなかったし、楽々の大楽勝と言えるのだが、戦闘中の精神状態はそうでもなかった。慎重に射撃するのでその分時間も長く感じていたからだろう。

あと視界外から失礼してきたクソ馬に岩石溶解吸われて動揺したのも原因だと思う。魔力充填は用意してたし*破壊*吸われるよりマシだったが、そもそも隣接した馬にそのまま殴られる事自体を少しも想定していなかったのが悪かった。

 

ともかく、本家以上の圧倒的火力を持って俺は真*勝利*を収めた。

ダンプ

勝利した瞬間

 

・完走した感想

探索がとにかく大変だった。本家だと骨はザコ敵潰すついでで簡単に集まったが、素材は探索して集めるのが基本なのでそこらへん純戦士職とは相性が良くない。

とはいえ、弓をちゃんと両手で持てるなら並のユニークは普通の矢でも十分相手できる火力があったわけで、無理して素材を集める必要はなかったのかもしれない。本家で追尾の矢を量産できたのが異常すぎたのだ。

最終的には、予想した通り本家以上の凄まじい火力になったので、大器晩成型の職になったような感じがする。探索の問題さえクリアできれば、強いことに変わりはない。

 

次は本家で放置してたマインドフレア鏡使いのケリを付けたいと思ってる。

*1:薬師など一部のクラスなら作り出せるが、それらでも簡単に作り出せる訳ではなさそう

*2:Borderlands2のZer0のスキル名が元ネタ

*3:こっちはいい名前思いつかなかったのでランダムに任せた

*4:元ネタはSkyrimの神聖な感じの弓

*5:ナイアルラトホテップ』は人里で呼んで潰しておいた

*6:サウロン』とか『ルンゴルシン』とか

【玉兎射手】スタンダードにプレイしよう

・個人的な原点に帰る

前回言ったとおり、今回は勝手版のアーチャー、射手をプレイしていく。まずはいつもの解説から。

 

種族は玉兎。月に住む兎で、地上の兎とは違う存在*1。賢さが-1されていることを除けばそこそこの能力値を持ち、射撃補正が月の民と並んでトップタイ。

穢れのない身体を持ち、そのおかげで破邪耐性を最初から取得しているものの、代わりに地獄の業火属性に弱く、ダメージが6/5倍(+20%)されてしまう。

とはいえ4/3倍になる天人や月の民に比べればマシな方だし、射手は連続行動される危険が少ないので、このデメリットは(少なくとも今回は)迂闊な事をしなければ十分カバーできるだろう。

また、レイシャル・パワーとして、玉兎専用の噂や、Lv5からモンスター感知、Lv10からショート・テレポートが使える。玉兎専用の噂は真っ当なアドバイスや地獄の業火に関する話の他、月勢力が関わった東方儚月抄や東方紺珠伝のネタも入っている。

総じて、射撃職にうってつけの種族と言える。正直言うとまた幽霊を選ぼうかとも思っていたのだが、隣接テレポの存在を鑑みるとこっちのほうがやりやすそうに思えたので。

 

職業は何度も言った通り、射手。

本家のアーチャーは追尾の矢が作れるようになれば猛火力を発揮する強職だったが、この勝手版では結構な弱体化調整がなされている。

まず、弓スロットがリボンスロットに変えられたので弓は手に持つ必要が出てきた。

一応もう片手には武器なり盾なり装備できるが、そうすると弓の命中、射撃回数が下がってしまう。射手のスペックなら追加射撃の指輪を併せればカバーできる範囲ではあるが、最終的には両手で弓を持てるようにしたほうが良さそう。

また、骨が削除されたので森林地形から矢かボルトを作るのだが、これも追尾の矢が作れなくなっている。代わりに、宝石を集め、それらを使って(酸以外の)元素スレイや動物、竜スレイ、破魔エゴの矢を作ることが可能になっている。

 

耐性パズルやりづらくなったし、純戦士職なのに念入りな探索が要求されることになったのだが、悪い事ばかりでもない。

まず、Lv20で透明視、Lv40で盲目耐性を取得するようになった。他には生成した矢の殺戮修正もLv/5で統一されるようになったので、一々強化してまとめ直す手間が省けるようになったのも地味に便利。

あと束矢や細矢が削除されて、鋼鉄の矢(3d4)が追加された。ボルトのように重いが、武器屋やBMでもちょくちょく売ってるし、金属製なので小傘に強化してもらえる*2のでクエスト等で追尾の矢の代わりに使いやすい。

最終的に、破魔エゴを付与する素材と追尾の矢が揃ってしまえば本家超えの火力になるはずなので、結局は強クラスであることに変わりないだろう。隣接テレポ持ちな上に通るスレイが無いオベロン戦が山場か。

 

性格はラッキーガール…でも良かったかもしれないが、あくまでスタンダードに行きたかったので力自慢を選択。

 

兎は舞い降りた 

というわけでプレイ開始。まあ最序盤は本家でやったことと大して変わりない。距離を取ったらひたすら射るのみである。6FRQの相手が浅葱色のイーグルラヴィ『清蘭』で、いきなり同族を相手にすることになるとは思わなかったが、普通に(この後の序盤クエストも含め)制覇していった。

これまでプレイしたクラスと違ってLvアップも早めで、16Fで入手した

☆鎖かたびら『ミスルヒウ』 (-2) [14,+12] (+4加速) {+速知隠探r酸劣;視盲}

に発動効果として全感知が付いていたのもあり、序盤の探索はそれなりに楽だった。

装備の引きも、★ハーゲンやら★カンベレグが手に入ったり、龍窟で読んだ獲得で★カルランマスが手に入ったりと中々に好調。★知識の石も入手してはいたのだが、勝手版では純戦士職にもMPが僅かにある影響ですぐ麻痺してしまうので拠点にしまっておいた。

 

あと、廃洋館クエで入手した

★丈高きマエズロスのマン・ゴーシュ (2d5) (+12,+15) (+3) {+速知器;視麻盲/沌~沌}

もしばらく使った。本家だとロクでもない★の1つだったが、勝手版だとオークスレイとかがなくなった影響で邪悪スレイ/感知に変更されており、かなり格が上がってる。

 

Lv20後半辺りからレイシャル・パワーも安定して使えるようになった。モンスター感知もショートテレポも知能依存なのだが、やけに知能の薬が手に入ったのが大きいか。

 

パチュリーでプレイした時を思い出しながら…

38FRQで闇の審判『ファイア』をなんとか撃破した辺りから、普通の矢では火力が低いように感じてきた。本家でもだいたいこの辺りで追尾の矢に乗り換えていたと思うが…前述の通り追尾の矢は作れない。

ここからは集めた宝石を使って元素スレイを付与して、敵の元素耐性抜けを突くのが大事になる。元素スレイさえ通れば火力は通常の追尾の矢に匹敵するので、これまでのプレイで調査しまくったモンスターデータが活きてくる。

探索のpvalを稼ぎまくらないと宝石は出てこないので、鉄獄に帰還する/階層移動する時だけ★ナズーリンペンデュラムと★ドワーフ斧を装備していた。この2つがあれば、ガーネットやアメジスト辺りの宝石は十分稼げる。

 

全体的に見ると電撃耐性が抜けている敵が多い(と思う)ので、基本的に持ち歩くのは電撃の矢にしていた。RQには他の元素エゴ矢も持っていく。装備が軽めなので、矢を多く持って行っても重量制限は割と余裕があった。ドロップ品は持ち帰りづらくなるけど。

このあとBMで

高精度のロング・ボウ (x3) (+17,+11)

を入手した事もあって、スレイが通れば火力は十分良い感じになった。

 

さらに鉄獄45F辺りで

☆スーツ『コルウィニアの鍵』 [3,+12] (+2) {+知賢r毒暗聖獄;盲(魅}

守護者の耐性のアミュレット [+3] (+3) {+耐r酸電火冷;視麻活}

を見つけ、BMで

☆マント『力の化身』 [1,+9] (+2探索) {+腕耐探;視恐食(腕}

を購入したので、これらを装備していた。☆マントは現在も愛用中。

カオス耐性と混乱耐性が埋めづらかったので、そこは「大亀退治」のクエストを制覇して耐カオスの指輪をつけて補った。あと追加射撃の指輪も発見したので装備。

 

能力・耐性はいい感じになっていたのだが、まだ足りなかった。強力射ロングボウである。

 

・本当に欲しいものだけが中々見つからない

 そういう訳で、宝石を集めつつ45~49Fらへんで強力射ロングボウを探していたのだが、普通のロングボウすら見つからない。鉄獄の店、マップの隅、そんなとこにあるはずもないのはわかっていたが、いつでも探していた。

それ以外の有用な装備はかなり出た。霊夢の占いで魔法の森最深部に行けと出たので行ったついでに『グレーター地獄魔法おばけキノコ=クイルスルグ人間』を倒したら★ソウルソードを落としたし、鉄獄47Fに行けばザコ敵が

★使い魔アスタルテのドレス [3,+18] (+2) {+知器耐r酸電火冷毒暗獄;乱}

をポロッと出すし、狂気の月の兎『鈴仙・優曇華院・イナバ』を倒せばスピードの指輪(+7)を落とすしで、ロングボウ以外の装備は充実していった。

 

そんなこんなでLv41になってしまっていたので、ここまで上がってしまったら流石に強力射なくてもクローン行けるか…と考え、溜め込んでた鋼鉄の矢に電撃付与してクローン地獄に挑戦。

しかしうっかり浮遊を忘れてしまった上、仕方なく中心から周り込んでいったら『女王アリ』が起きていたので、既に『ガチャピン』の方までアリの波が押し寄せようとしていた。

ひょっとしたらアリ側のランダム配置にいた何かが叩き起こしたのかもしれないが、確認しようとしたら既にアリで埋まっていたので原因は不明。単に隠密不足かも。幸い『ガチャピン』は瞬殺できたし、アリもなんとか抑え込めたので放棄せずに済んだ。

 

色々ドロップ品はあったのだが、だいたい使う見込みの無いものだったので

魔界神の道士服 [4,+33] (+1) {+知賢耐魅r酸電火冷暗時轟獄;視麻恐乱盲狂食浮}

たまたまBMに売っていたコレを買うために売り払った。

魔界神エゴは簡単に言うとかなりレアなエゴアイテムらしく、性能は見ての通りヘタな★鎧を凌駕する性能を持っている。値段も張っていた割にpvalが1なので少し悩んだが、買って正解だった。

 

クローン終わったし八雲紫も倒してしまおう、ということで冷気の矢を持って50Fに行ったら

★森の狩人ロビンフッドのショート・ボウ (x3) (+15,+17) (+2) {+器魅隠r獄;倍}

が普通に落ちてた。多少火力がマシになるのでこっちにチェンジして、紫を撃破。

 

・勢いづいてくる

その後、55Fを探索してたらVaultを発見。全感知ロッドを使った後全体マップで確認してみるとロング・ボウ(x4)が落ちていた。なんとしても取りたかったので、周囲を*破壊*してから中に潜入し、敵をアウェイしまくって拾い、鑑定してみたら

☆ロング・ボウ『カランソル』 (x4) (+20,+14) (+4) {+賢掘r暗破聖轟;麻倍祝}

エゴ通り越して☆だった。しかもそこそこの殺戮修正に破片耐性もついてバランスも良い。これほどの☆だったら古い城の報酬である★源頼政の弓は不要そうだったので、パスすることにした。

 

強力射ロングボウさえ手に入ってしまえば、もうこっちのものである。56FRQの相手だった土着神の頂点『洩矢 諏訪子』も、62FRQの相手だった眠りの主『ヒュプノス』も、抜けてる元素耐性*3を突いてサックリと撃破できた。★も色々ボロボロ落としたが、特に装備変更はしなかったと思う。

あと詳細な時期は忘れてしまったが、どこかで適当に拾った突然変異の薬を飲んでしまったら白いオーラが付いてしまった。少し悩んだがエレメンタル耐性のことは諦めて、コレを保持することにした。

 

64FでパターンVaultを見つけたので、そこから74Fに飛んで探索していた…が、アメジスト等は70Fまでしか出ないことに気づいたので、そこまで戻った。70Fは運が良ければエメラルドなんかも出てくるので、宝石稼ぎにちょうど良い。

そして探索中にザコ敵が

★恐怖の仮面 (+18,+18) [3,+12] (-1) {+知賢探r酸冷毒閃劣;視麻恐瞬[魔}

をドロップ。強力射ロングボウの次に欲しかった★である。当然装備。そして耐性やpvalを調整して、ようやく両手で弓を持てるようになった。

古い城をパスしていたせいで忘れていたが、ここでプレイ記録を書き残す(個人的な)チェックポイントを過ぎていることにやっと気づいた。

 

…ので、こうやって書き記した次第である。ダンプはこちら

耐性も能力値も十分、あとの気がかりは加速のみ。探索しつつ、いい鴉天狗エゴやスピ指が来ることを祈っている。

*1:原作では同一視されてることが多いが、変愚勝手版では地上の兎(てゐ)は獣人扱いなのでかなり違う

*2:ただし費用はかなりかかる

*3:諏訪子様は冷気、ヒュプノスは電撃耐性が無い

【雲居一輪(&雲山)】これまでにない堅さの戦い

・劣化属性には注意して

Lv42だったし、鉄獄も60Fより先に降りていくことに。ただ、轟音とか水は仕方ないとしても劣化耐性まで抜けてたので、劣化属性の攻撃持ちには気をつけながら探索していた。

62FRQの勇者『イケタ』も劣化打撃持ちだったのでおとなしく放棄。魔道具吸収まで持っているので、どのみちこの時点では相手したくなかった。

 

 探索しつつ71Fまで降り、『アゾグ』『ダオロス』『ボ帝ビル』を続けて倒したときに

★アンドヴァリの指輪 (+4) {+耐魅道探r暗劣;明詛~感}

をゲット。肉体強化から付け替え、★ジャッククロークも

☆マント『フロストコラムス』 [1,+16] (+4隠密) {+魅隠r冷獄;盲狂[冷~妖}

以前に入手してたこれに切り替えて狂気耐性を確保した。

 

・2人の時代到来

70F台を探索してる間にようやくLv45になり、「華麗なる親父時代」を習得した。

こうなれば魔法使用率1/3以下の敵はほぼ怖いものなしで*1、魔道具吸収持ち除いてユニークは穴熊してからの親父時代で蹴散らしていけるようになった。

で、コーウィンの銃士を適当に狩ってたときに

☆テレパシーのアミュレット『白虎真剣』 (+4探索) {+腕賢器探r閃劣~感}

をドロップ。この時点では★アンドヴァリと役割が被っていたので使わなかったが、結果的にはこれを最終装備として起用することになった。

 

その後「妹様を止めて」を制覇した後、また鉄獄探索に戻る。で、蜘蛛の神『アトラク・ナクア』を倒したときに

★審判の宝石 (+3加速) {+速知賢r沌;視乱}

を落としてくれた。これまでも何度か拾ってきた★だが、発動効果の啓蒙がいらないキャラでばかり拾っていたので啓蒙手段として使うのは初めて。無論、加速や賢さの補正もありがたい。

啓蒙手段も手に入れたことで探索も捗るようになり、物資もそこそこ集めやすくなった。ついでに80Fで★カンベレグも見つけたので、火力がそこそこ増えて耐久もMAXに。このあとBMで

☆マント『猛狼』 [1,+12] (+4加速) {+速隠探r閃獄;恐乱}

も見つけたので装備。狂気耐性より加速である。

 

MARIPOも溜まってたので、★ローエングリンの箱を開けてAF生成の巻物をゲット。何に読むべきか迷ってたが、装備がだいたい★☆で埋まる予定だったのでやっぱり追攻+2に読むしかないと思い、もう一度思い切り気合を入れて生成した結果

☆追加攻撃の指輪《メリクリ》 (+2攻撃) {+攻知隠探赤r火毒暗聖轟;恐盲浮(知賢}*2

これはかなりいいほうだと思う。役立つr毒聖轟のほか、盲目耐性に浮遊も良い。生成した時点では★アンドヴァリがまだ外せなかったが…

 

・最終装備を求めて

88FRQに挑戦してみたが、相手はまたしても『サウロン』。流石に今回は分が悪いのでまた放棄。

その後は一気に99Fまで駆け下り、どうにかして★アンドヴァリと★スロールを外すための装備を求めた。

そんな折、いつもの博麗神社での占いをしたところ、バルログの長『ゴスモグ』を倒すと良いことがあると言われた*3ので、お告げ通りにしたところ

輝くスカーフ [1,+9] (+5加速) {+速腕耐}

をゲット!ほかにもドロップはあったが、魔道具全部吸われたし召喚された奴らはテレポしてくれないのばかりでこれしか取れなかった。だがこれ1つでも十分すぎる。

 

このスカーフと★ヘカTを合わせたらそれだけで耐久はMAXまで確保できるということに気づいたので、「切り札はいつだって悪手」に挑戦。正直かなり厳しい…と思っていたのだが、『ヘカーティア・ラピスラズリ』が異界の体から全くチェンジしなかったので、物資無消費であっけなく制覇できた。

そうして無事に★ヘカTをゲットし、予め入手しておいた★月の羽衣や

獣人のドラゴン・ヘルム [8,+25] (+7) {+赤r電閃破轟;視活}

鴉天狗の鉄靴 [7,+14] (+7加速) {+速;浮俊}

を組み合わせて☆追攻が装備できるようになり、十分な耐性・加速も確保できた。

 

なのでオベロンに挑む…前にアンバー狩り。その途中で★サノスのガントレットを拾ってしまったのでついでに「妹紅への刺客」を終わらせ、報酬の突然変異の薬を何気なく飲んだところ二重耐性の変異を獲得してしまった。親父時代には二重耐性も付いてるので恩恵はやや薄いが、やはり杖が燃やされる可能性が大きく減るのはありがたい。

ついでに「夢は現実化する」にも挑戦したが

f:id:Aquashrimp:20181231001449p:plain

この通り、これまでのクラスよりはやさしめだったので親父時代でさっくりケリが付いた。

アンバー狩りの傍ら、『ベネディクト』が★銀の手を落としてくれることを期待していたが落とさなかった。ちくしょう

 

はぐメタ親父とハイカラ少女

ともかく、だいたい倒したので*4いよいよオベロンに挑戦。コイツは魔法使用率1/2なので、親父時代は使わず自分から殴りに行った。

やることは近接戦という点を除けばだいたいこれまでと似たようなもんだが、この際

f:id:Aquashrimp:20181231000901p:plain

光の剣がガードされるという衝撃的な瞬間を目にした。光の剣というのは無傷球を始めとして、いかなる防御手段でも防げない攻撃だと思ったのだが…まさかこれまで防いでくれるとは思わなかった。

前々から思っていたが、勝手版の雲山ははぐれメタルに片足突っ込んでいるのではないだろうか…

f:id:Aquashrimp:20181231001414p:plain

雲山ガードもそれなりに仕事していたので、いつも通り苦戦せず撃破。血の呪いもそこまで危険ではなかった。

 

そして*勝利*してやることは当然、混沌の領域への挑戦。『モルゴス』と『アザトート』は魔法使用率1/3以下なので、親父時代を使って立っていれば物資消費もそこそこに難なく倒すことができた。

 

いよいよ、最後のボスにして最大の難所、『混沌のサーペント』戦。強さはこれまでの戦いからもわかっていたが、今回は近接戦なので攻撃が更に激しいものになる。親父時代発動中は全てのダメージを半減してくれる*5し雲山ガードもあったとはいえ、それでもHP700~600が安全に耐えれるギリギリのラインだった。というか600は危険だったかもしれない。

しかも、今回は先に『秩序のユニコーン』を倒していなかったので、コイツも*破壊*しても定期的に復活する。とにかくこれまでとは難易度が段違いで、もうちょっと運が悪ければどこかで敗北していてもおかしくはなかった。ホントに!

さらにさらにJはHPが少なくなってくると*破壊*を唱える頻度が増えるので、追い詰めると近づくのすら簡単ではなくなっていた。召喚したモンスターもまとめて始末してくれるので、一長一短という感じではあるが。

f:id:Aquashrimp:20181231004921p:plain

JにHP半分以下まで持っていかれること19回、ようやく撃破して真*勝利*!

右のアイテム欄を見てもらえばわかるが、物資の残りがギリギリだった。これまで強クラスやりすぎて、近接戦だというのにJの強さを甘く見すぎていた。

もう最後の方は負けたら後がない(集め直すのめんどいからやりたくない)と思っていたので、幽霊アーチャーでJに挑んだ時ぐらいガチガチに緊張しながら操作していた。でもまあ、このギリギリの戦いを切り抜けた時の勝利感というのははやはり楽しい。

 

最後に、博麗神社に有り金全部入れた後、余っていた凡庸とAF生成を使って★堂々たる鉄冠を☆にしてみたが

☆堂々たる鉄冠《マイ鉄冠》 [0,+7] (+2赤外線視力) {+器耐赤r電冷;麻恐(器}

大したことないものになった。というところで引退。

ダンプはこちら

勝利時の画面

 

・完走した感想

とにかくタフ。殴り合いでもオーラダメージ受けないし、朦朧による行動キャンセルや雲山ガードも相まって、近接戦だというのに遠距離戦してるときと同じくらいダメージを受ける頻度が少なかったように思える。J戦でも雲山ガードにはかなり助けられていたはず。

格闘攻撃回数も適正Aのクラス達と比べれば少ないとはいえ、これでも十分強かった。耐性パズルにはだいぶ苦戦したが、火力不足に陥った場面は全くと言っていいほど無い。適正Aの方々ってどんだけ強いんだろう?

遠距離攻撃の特技も、雲上地獄突きは先手を打って朦朧とさせるのにも使えたのでよく撃ち込んでいた。天空鉄槌落としも(隕石属性なので)コンバット越前』とか高ACの連中を相手にするときに重宝した。

探索は魔道具頼りなのでこれまでと比べれば流石に不便だったが、まあこれは仕方ない。むしろこれまでが便利すぎた…というかこれに慣れる必要があったし。

今までプレイしたクラスと違ってそこそこ、*勝利*はできるが真*勝利*は果たしてどうだろうか…という感じの難易度で、久しぶりに変愚蛮怒のいろいろなシビアさに触れた気がする。ひたすら無双するのも悪くないが、こういうそこそこの難易度でプレイする方が楽しさは大きい。

 

ともかく、最後までやり通せて本当によかった。次は初心に帰って勝手版のアーチャー…射手やりたいと思います。

*1:破壊さんは流石に無理だった

*2:生成した日がクリスマスだった

*3:言われてから1日以内に指定モンスターを倒すとRQ制覇報酬のように追加ドロップが発生する

*4:『ブレイズ』だけ残ってたけど

*5:Jによる*破壊*のダメージも半減していた

【雲居一輪(&雲山)】格闘職を楽しもう

・格闘メインの内、どれにするか…

 大領域マスターズを終えた後は何にするか考えて、本家よりずっとバリエーションが増えた素手状態の格闘攻撃を楽しみたいと思っていた。

で、格闘メインの職業は修験者や格闘家の他、ユニーククラスにも結構な数がいる。黄昏フロンティア系作品の影響もあるだろうが、これに出演してなくとも格闘が強いキャラもいる。最初にプレイしてたぬえとか。

いずれにせよ、何らかの固有特性を持っていて一長一短なのでなかなか迷った。

ここら辺で魔法じゃなくて魔道具頼りの探索に慣れる必要があると考えたのと、Jもぶん殴れるポテンシャルがあるキャラは誰か…ということで、雲居一輪に決定。ぬえの次に好きなキャラという理由もある

 

種族は妖怪*1。人間と比べると肉体能力が少し高めな分、知性や魔道具使用能力などが低い。耐性や能力も特に持っておらず、妖怪なので破邪弱点+33%が付いている。

本家で例えるなら、野蛮人の魔道具使用能力を少し上げた感じ…といえば近いだろうか。レイシャルないけど。

 

職業もとい二つ名は「守り守られし大輪」。各能力値は近接系としては平均的といったところだが、隠密だけ低め。経験ペナも+90%と少々重い。

雲山という名の見越し入道と行動を共にしており、格闘攻撃は(特殊種族に変異とかしない限り)全てこの雲山が担当するが、@のHPは一輪のみを対象にしているらしく、格闘攻撃ではオーラダメージを受けない。地味かもしれんが、コレがなかなか便利。

また、格闘攻撃のダメージ修正は腕力の補正を受けず、レベルによって決定される。Lv50なら+15で、腕力40の修正は+20なので最終的には少し低くなる。

とはいえ、序盤ではむしろ助かるし、最終装備を組むときも腕力についてはあまり気にせずに済むので、これもトータルではお得と言えるだろう。

 

そして、このクラス最大の特徴が雲山によるガード。15+Lv/5…Lv50なら25%の確率で、一輪へのダメージを0にしてくれる。ただし、防御に成功しても火炎属性による物資破壊などの効果は受ける時がある。だが追加効果は受けてもらう

上記の確率は基礎的なもので、HPが半分以下になると50%以上に上昇するほか、恐怖、麻痺、混乱、泥酔の状態異常によっても防御確率が加算*2される。

確証はないが、光の剣以外なら全部ガード可能と思われる。不意の連続行動や、血の呪いによる彫像化等もしのげる可能性が大いにある、非常に強力な特徴である。

ついでに、地震による落石も防いでくれる。攻撃していた場合は1/2、それ以外のときは1/4の確率で無効化するらしい。

もちろんRoguelike的に考えて、雲山ガードを当てにしてHPギリギリまで殴り合うような事はしていい訳ない。そんな事してたらどっかで判定通らずに直撃するのは目に見えている。

 

こう書くとかなりタフなキャラに思えるのだが、その分格闘熟練度はB(最大6回)に抑えられている他、手に何か持っていると格闘攻撃回数に他職より大きいペナルティがかかる上、雲山ガードの確率も大きく下がってしまう。

というか武器熟練度が軒並みDかEで、武器による攻撃回数も3回(+1回)とメイジ級なので、最初から最後まで両手は空けることを余儀なくされる。本家修行僧と違って盾すら持てないので、(軽量の★が増えていることを加味しても)耐性パズルはドラコニアン修行僧よりは厳しくなるだろう。というかあの時は超級ドラゴン・ヘルムのおかげで余裕過ぎた…

 

大した問題ではないが、宗教上の都合で、干し肉とスライムモルドを食べることはできない。でも飲酒は可能。*3

 

耐性は、最初から(雲山による)警告を持っている他、Lv10で恐怖耐性、Lv20で電撃耐性、Lv35で閃光耐性を得る。これまでの職と比べると少ないが、警告と閃光耐性は割とありがたい。

 

職業特技は、閃光属性ビームの「時代親父大目玉」や気属性*4ロケットの「雲上地獄突き」、隕石属性ボールの「天空鉄槌落とし」と、近接職にしては強めの遠距離攻撃手段を持つ。

他にも集団を吹き飛ばせる「殴殺の流雲」、大量のHPを消費して攻撃回数の2~3倍の特殊攻撃を行う「雲界クラーケン殴り」、そして剣術家の無想の型と同等の効果を持つ最終特技の「華麗なる親父時代」という技まで持っている。

 

性格は力自慢がベストなのだろうが、魔道具や隠密補正がちょっと不安だったのですばしっこいにした。とはいえこれは杞憂だったかもしれない。

 

・序盤はいつもどおりに

20Fくらいまでは特に言うことはなく、いつも通りに進めた。序盤はガード率も低いので楽勝というわけでもないが、オークとかに時代親父大目玉がよく効くので苦労するようなこともなかった。

ある程度資金が増えたら、武器と盾は全て自動破壊するようにした。壊せない★☆の武器盾も問答無用で売る。

早めに天狗エゴの着物が拾えたのと、BMでr毒沌のドラゴン・グローブが入手できたのもあり、30Fくらいまではそれなりにスムーズに進めた。

 

・地獄耐性が埋まらない

 スムーズだった30F前半までから一転、地獄耐性が思うように埋められず、30F後半辺りから苦労し始めてくる。38FRQの相手、闇の審判『デス』は朦朧によるゴリ押しで押し切ったものの、経験値がガッツリ減らされてその度に帰還するのは結構めんどい。経験値復活の薬持ち歩く余裕もないし。

しかしないものはしょうがないので、出てくる敵を確認して相手できるヤツを選びながら倒し、探索していた。

途中で★槌手王を見つけ、喜んで装備したのだがその際に麻痺耐性が抜けてしまって1回死にかけた。というか雲山ガードがなければ間違いなくHPはマイナスになっていた。

f:id:Aquashrimp:20181218220021p:plain

(BGM)

仕方ないので守護者の金の冠に変更し、探索再開。44FRQの相手は双子のひわいなるもの『ツァール』で、正直放棄しようか迷ったのだが、耐性が皆無なので雲上地獄突きで朦朧させてから殴りかかる戦法でなんとかなった。ここでも雲山ガードが大活躍。

前述したようにこれに頼るのは良くないのだが、地獄耐性も埋まらないし負けたらそれまでだなという気持ちがあったので…。でも命は投げ捨てるものではない

 

こうなったらMARIPOを貯めて★ローエングリンを貰うしかないな、と思ったので手始めに『魔法の森の主』をボコった。

次に全感知ロッドを探すために紅魔館深部を探索していた*5のだが、途中で倒した『ガチャピン』から

★スロール王の鉄鋲底の靴 [6,+20] (+3) {+速腕耐r毒}

をゲット!重いのだがギリギリ重量制限を回避して装備できた。

この後、動かない大図書館『パチュリー・ノーレッジ』も朦朧の勢いに任せて打ち負かしたところ★知識の石をドロップしたので鑑定もだいぶ楽になった。

 

その後少し探索してたが肝心の全感知ロッドは出なかったので諦め、無縁塚探索に移行。

無縁塚は40~50Fだけの短いダンジョンでボスもいないのだが、壁が少なく四方八方から敵がひっきりなしにやってくる上、表記上の階層より深い階層の敵が生成されやすいかなり危険なダンジョン。*破壊*は必須だろう。

その分MARIPOが高めの素材なんかが生成されやすく、それなりのリターンは得られる。リスクと釣り合ってるかどうかはわからんが。

で、探索始めて割とすぐに高草郡の光る竹なんかを見つけ、この感じなら意外とすぐに10000MARIPOに届くかなーと思っていたのだが…

f:id:Aquashrimp:20181218223200p:plain

Vaultでピンポイントに生成された。なんだこの引き…

とにかく、ありがたく装備させてもらい、これでようやく地獄耐性が埋まることとなった。

 

・やはりターニングポイントはクローン地獄

 ★ローエングリンのおかげで指輪枠が片方空いたので、今まで保留してた墓地警備員募集クエをサクッと制覇し肉体強化の指輪(+3)を付け、その勢いのままクローン地獄へ。

やはり『女王アリ』はどうにもこうにもウザくて仕方ないが、ランダム配置に危険モンスターはいなかったのでコイツさえ乗り切れば後はどうにかなった。

f:id:Aquashrimp:20181218224204p:plain

★ボロミア以下がドロップ品。★役小角と★ジャッククロークがサラッと出てきたおかげで、これまでの苦労が嘘のように耐性が埋まり始めた。

 

この後ちょっと探索した後に50Fの紫に挑み、サックリと撃破。

…ここらへんで1ヶ月ちょい放置していた。

おかげでまた探索の感覚を忘れてしまったので、慎重にプレイしている。とりあえずこれまでのプレイで敵を調査しまくったのと、テレパシーのおかげで無茶な戦闘は避けやすいのが救い。

 

52Fでドラゴン族の祖『グラウルング』を倒したときに★聖騎士の首飾りをドロップしたので、これでようやく★ナズペンよりマシなアミュレットを装備できた。

レベルも40越してるのでもう少し進めてもいいだろうということで56FRQ、相手は未確認幻想飛行少女『封獣 ぬえ』。召喚こそ持たないがその分攻撃が強烈で、しかも常にあやしい影の状態で生成される。

とはいえ★役小角に妖怪ESPが付いているおかげですぐ見分けは付いた。★ローエングリンの発動効果などを駆使しつつ撃破したところ、★アルヴェドゥイをドロップしたのでこれを装備。

 

もう安定するだろう、ということで古い城もサックリ制覇。報酬は本来なら★聖騎士の首飾りなのだが、前述の通りもうゲットしているので☆生成の巻物になった。というか、★聖騎士は割とドロップしやすいのでむしろ生成を狙っていた。

で、探索中に拾った追加攻撃の指輪(+2)に読んだのだが…

☆追加攻撃の指輪《凸》 (+1攻撃) {+攻器隠r轟;減視明瞬(器}

pval減った。これには流石にキレた。耐久付いてくれるだけで良かったのに!

 

思いっきりやる気を削がれる事件はあったものの(個人的な)チェックポイントを通過した。

ダンプはこちら

今後の装備を考えると★スロールと強化指輪は外すことになると思うが、そうなると耐久が大幅に落ちてしまう。★リストでも補いきれない。

なにかうまくこの問題を解決できるような装備が拾えたら良いのだが…

*1:一輪は元人間だったらしいが…まあここでは関係ない

*2:最大80%まで

*3:一応原作準拠です

*4:本家のフォース属性が少し形を変えたもの

*5:45~50Fでダンジョン特産物として生成される可能性がある

【Borderlands2(UCP)】Gaigeのお手軽近接型ビルド ~CaptainBladeの呪い大盛り~

いつぞやの記事で言ってた近接型GaigeがLv72になったので、ようやく書ける。

まずUCPが大前提なので、このビルドが気になるって人は下記のリンクを参考にして導入されたし。

https://justpaste.it/BL2UCPJP

 

それと最近、フレンドがBorderlandsのUCPとかMOD辺りについて話し合う(ついでにcoopする)Discordのサーバーも建てた。

Gubをもじってガ部という名前がつけられている:

UCPとかMODについて興味があるなら是非入ってみてほしい。

今の所知った顔の数人しか活動していないのでOasisの如き過疎っぷりだが、軽い質問に答えるぐらいは出来ると思う。

 

・このビルドの利点

Borderlands2における近接キャラの代表的存在といえば、Zer0とKriegである。

が、この2人(人?)は近接戦をするとなると

・火力を出すにはアクションスキルの併用がほぼ必然

・その間はスラグを与えられる手段がだいぶ限られる(特にKrieg)

・ロイドシールドにも頼らざるを得ないので防御面が不安

・必要なのに入手がめんどいアイテムがいくつかある

…等、なにかと縛られることが多い。

その分の爽快感はあるのかもしれんが、少なくとも俺には無理だった。

 

その点、このビルドでは

・アクションスキルの併用はするが、それで行動が縛られることはない

・スラグ付与もMagicMissileを急いでバラ撒いたりする必要は薄い

・シールドの守りを固く出来るのでダウンする頻度が比較的少ない

・必要なアイテムはほぼミッション報酬か、そこまで強くない敵がドロップする

銃剣Rubi/Grog要らない

…と、割と手軽に近接戦を楽しむことが出来る。

「ぶっちゃけ近づいたらそのまま敵撃てば良くね?」という意見もあるだろうが、そういうツッコミはなしで。Zer0やKriegよりは楽に、それなりの火力で近接戦が出来るってのがポイントなので…

あとCaptainBladeの各装備の特徴を活かし、合理的に扱えるっていう面白い特徴もある。これは他のキャラでは難しいだろう。多分。

 

・実演動画

まあとりあえずBloodshot Strongholdで実践した動画を見てもらおう。

スタック溜める過程はカットしたけど、それなりにタフなのはお分かり頂けるだろう。

以下、動画内で使ってるスキルと装備について解説していく。

 

・スキルの振り分け

f:id:Aquashrimp:20181124232421p:plain

こんな感じ。スキルを伸ばす順は

スモール ライト ファスト→クロース イナフ→アナーキーオーダーツリー最下層まで→ベストフレンド最下層まで→トラブルツリー3段目まで

という感じで伸ばしていった。

 

最後に1ポイント余るので、動画だとなんとなくショックストームに振っていたがこれは良くなかった。見づらい。

なので、おとなしくLegendaryRoboteerCOM*1補正のかかってるポーテント ポニーにでも振るのが良いだろう。

 

他の近接ビルドだとクロース イナフじゃなくてクッキング アップ トラブルを採用してるのが多い。多分、Rapierの射撃部分はほぼ使わないから、これを利用して戦闘中もライフ回復しようという魂胆なんだと思う。

しかしながら個人的には、戦闘中に毎秒2%なんて眠っちまいそうなくらいノロい回復をアテにするなら、アナーキー溜めてディスコード使うほうがまだ良いのではないかと思うので振らなかった。

アナーキーを溜める目的は、単純に射撃ダメージ上げるのとBadass相手などにディスコード使う他に、ウィズクローズのダメージと武器切替速度の強化がある。*2

 

スタック25の時点で近接+31.25%・切替速度15.625%だが、スタック200ともなれば近接+250%・切替速度125%にもなる。

調べた限りでは、他のGaige近接ビルドはラショナル アナーキストで溜めた25スタック分を即座にクローに回すスタイルが多かったが、これだけの補正がかかるのなら限界まで溜めても良いのでは…と俺は思う。

切替速度の速さはそのままスラグ化の速さに繋がるし。

 

他のスキル振り分けについては、UCPのチェンジログを見ながら確認してもらえればなんとなく振る理由がわかってもらえると思う。モア ペップとマイリンはどっちでもいいだろうけど。

 

・使う武器や装備品

各アイテムはセーブエディタで可能な限り整えて理想的な状態にしてある。

しかし普通にやるならパーツとかまで厳選していったらキリないので、なんか良い感じに見えたらそれで大丈夫だろう。

 

・Rapier

f:id:Aquashrimp:20181125223604p:plain

近接戦の要その1。Zer0でもよく使うやつ。

例のお宝ミッションのほか、UCPでは「謎の怪物」で相手することになるGrendelがドロップするようになった。

スラグ化したらこれに切り替えてクロー。至ってシンプルな使い方である。

敵からの近接ダメージも上昇してしまう呪いがあるが、クロー自体にライフ吸収効果がついているので大抵は問題ない。

射撃部分はほぼ全く使わないので、別に無属性でも何でも構わない。スラグ付与目的で使うにしても9%なので、他のスラグ付与専用武器を使ったほうがずっと良い。

 

・Orphan Maker

f:id:Aquashrimp:20181125224512p:plain

威力がかなり高いショットガン。レベル上げ中はともかく、最終的にはフォアグリップ(散弾数+2)のオプションを狙って威力をさらに上げたい。

例のお宝ミッションのほか、UCPでは「Stalkerは人類の友」で相手するTinklesがドロップするようになった。

アナーキースタック溜めに使う為の武器で、200スタックになるまでは基本的にこれをひたすらぶち込む。散弾数が極端に少ない都合上、中距離以遠からクロース イナフ狙いで撃ってもあまり当たらない。近づいてから撃ったほうが良い。

あと自傷ダメージはスタックに比例して増えていく点に注意。通常はブラッド ソーク シールド等の効果があるので1~3発くらいで始末すれば大丈夫だが、シールドを破られてライフもギリギリな状況で使うとそのままダウンしてしまう。

 

・Chulainn

f:id:Aquashrimp:20181125230441p:plain

ショックとスラグを同時に与えるSMG。自分もスラグ化するデメリットは削除されてる。

「血の抗争」の最後のミッションでHodunkを全滅させた場合に貰えるほか、Fire Crak'nが落とす。

…Fireなんとかって誰?と思うのも無理はない。俺もすぐには思い出せなかった。

どうやらHH4のマップで行える、釣りで出てくる赤いThresherのことらしい。出すのそこそこめんどくさい奴だと思うので、セーブデータを読み取り専用にしてからミッション報酬受け取る例の小技のほうが楽かもしれない。

多分これが一番スラグ付与しやすいと思います。ついでにシールドくらいは剥がせるので、StalkerやHyperion社員相手にもそれなりに便利。

 

・その他普通に使用する武器

残る1スロットは普通に射撃戦で使用する武器を入れとこう。

Gaigeの特性を考慮すれば

f:id:Aquashrimp:20181125232431p:plain

分裂跳弾のFibber*3がまず候補に上がるだろう。ショックにしてあるが、別にトラブルツリーはそこまで伸ばさないので無属性でも良い。というかショック分裂跳弾なんて自力で引いたことない。

 

いずれにしてもFibberの厳選は面倒なので、俺の場合はMOD武器の

f:id:Aquashrimp:20181125232806p:plain

Cat o' Nine Tailsを採用していた。TPSの同名レーザー武器を再現したもので*4、ほぼ分裂跳弾Fibberの代用品と言った感じの性能。

ただし発射速度が遅めなので、ダメージを稼ぎたい時はディスコードを併用している。弾速も遅めだが、Surveyorとかを狙ったりしなければ気にならないはず。

Scorpioを差し替える形で実装されるので入手も楽。UCP以外のMODを入れるのに抵抗がなければこっちをオススメしたい。差し替え元のScopioは強みのない武器だし…

 

他にもHailとか、使える武器は色々ある。まあこのスロットは進行に応じて変わってくるだろう。

 

あと、状況に応じて必要な武器は忘れず用意しておくこと。でないとクローだけでは詰みかねない場面がいくつかある。

少なくとも、対空用の武器は常に用意しておきたい。Hyperionショットガンとか。

 

・Captain Blade's Manly Man Shield

f:id:Aquashrimp:20181125234652p:plain

近接戦の要その2。UCPでは容量、リチャージ率、近接エクスプローシブダメージが強化された他、敵のエクスプローシブダメージが無効*5というとんでもない効果が追加された。

例のお宝ミッションのほか、UCPではH3RL-Eもドロップするようになった。コイツは戦闘中に他の敵が出てこない点だけ注意。

近接エクスプローシブダメージはどう算出しているのかわからないが、Rapierと銃剣無し武器では変わらない事*6と、エクスプローシブ強化レリックの補正は受ける事、あとシールドのパーツにも影響されないことだけは検証した。

エレメンタルの呪いは(緩和されたし)そこまで気にしなくていい。ダウンする時はこのシールドじゃなくてもダウンしてる。

 

シェアリング イズ ケアリングでデストラップと共有することになるが、デストラ用シールドとしても優秀。EXPLoaderとか殴ってもノーダメだし、ロボットランページがクリーンヒットすればBadass相手でも相当な火力を見せてくれる。

デストラはGaigeのシールド関連のスキルの影響を受けないので、最終装備には出来るだけバランスよく性能の高いシールドを選びたい。

 

・Legendary Roboteer COM

f:id:Aquashrimp:20181126000426p:plain

近接ビルドならやっぱコレ。あるMODの影響で近接ダメージの対象がGaigeからデストラに変更されてるが、どっちにせよ使えることに変わりはない。

これを手に入れるのためのTubby狩りは面倒だが、その分の価値はあるはず。代用品もないので頑張ろう。

 

・Captain Blade's Midnight Star

f:id:Aquashrimp:20181126000943p:plain

投擲タイプはLobbed固定で、分裂後のグレネードが全てこちらに向かってくるというマジで呪われてるグレネード。UCPでは特性はそのままにダメージと爆風範囲がさらに強化された。

例のお宝ミッションのほか、「Xがお宝の目印」「砂漠の秘宝」*7で、塔から降りた直後にCaptain Scarletがけしかけてくる海賊のLieutenant Whiteというヤツがドロップするようになった。

前述したように通常ではほぼ使い所のないひどいグレネードなのだが、ManlyManで自爆ダメージを完全無効化出来るようになるとそれなりに使えるようになる。

軌道を活かし、敵の後ろ側に投げておくと結構当たる。他には、集団で群がって襲いかかる原生生物相手でも結構な火力が見込める。

 

いずれにせよ使いみちは近距離戦に限られてくるので、Captain Bladeの装備をすべて使うことに拘りがなければ、他の使いやすいグレネードでもいいだろう。Magic MissileとかChain Lightningとか色々。

 

・Captain Blade's Otto Idol

f:id:Aquashrimp:20181126002126p:plain

キル時にヘルスを回復してくれる*8という、ユニーク品にしては割とシンプルなレリック。UCPでは回復量が結構強化されてある。

例のお宝ミッションのほか、UCPでは前述したScarletがけしかけてくる海賊のLieutenant Hoffmanというヤツがドロップするようになった。

近接戦のライフ回復を補強してくれる他、スタックチャージ中の射撃戦でもブラッド ソーク シールドのデメリットを解消してくれるという利点がある。ただし回復順はレリック→スキルの順なので、どうしてもライフはちょっとだけ減る。

呪いで戦って生き延びろの時間が3秒減らされるのは場合によっては結構深刻。ザコ敵の少ないボス戦なども考慮して、他のレリックを用意しておいてもいいかもしれない。

 

他に使えるレリックはAncientsの骨や近接強化レリックあたりだろうか。ただ近接強化レリックは装備しててもあまり火力に違いを感じなかった。

 

 ・その他

途中でも書いたけど、クローだけじゃどうしようもない相手がいくつかいる。Ultimate Badass Loaderは斬り続ければギリギリなんとかなるが、Constructorは無理。ただBadass Constructorはミサイルを無効化出来るので、距離さえ気をつけて攻撃を叩き込めば逆に余裕だったり。

あと本編含め大抵のラスボスも無理。適当に撃ってりゃ倒せる本編とDLC1のラスボスはまだいいがDLC2、3のラスボスはGaigeにとってかなりやりづらい。この2体はマジで対策用武器を忘れないように。

DLC4のラスボスは比較的攻撃が激しくないので、(射撃でもいいが)ここぞとばかりに斬りまくるのも楽しい。というかDLC4はこのビルドだと全体的にやりやすい。

 

暴力シミュレーターとレイドボスは論外。おとなしくスキル振り替えてBee+Fibberしてるほうがずっと楽だろう。

*1:ゲームのシステムとか弄る方のMODと混同しやすいのでクラスMODはCOMと表記する

*2:UCPでウィズクローズの1スタック毎の近接ダメ上昇幅が引き上げられた他、武器切替速度の強化も付けられた

*3:MODのHonest Fibberの影響で色変わってます

*4:TPSのと違ってファイア属性以外も出る

*5:シールド破られててもノーダメ

*6:ウィズクローズのダメージ自体は大きく変わるので全く無駄ということではない。ライフ吸収量にも影響してくるし

*7:UCPでは何度でも挑戦可能

*8:デストラのキルは多分判定に含まれない